スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
祖母
私の祖母が亡くなって2年。


私は自分の祖母にできなかったぶんも利用者様に…

って考えて仕事してます。


ただの自分の自己満足にすぎませんが…



私の祖母は、

私の顔もわからなくなっていました。

名前を告げると、

『聞いたことある』

って。

『帰りまでに覚えといてや~』

って、この職業に就いた私は、

認知症の方との接し方をある程度学んだ私は

そんな返し方をしましたが、

素人の妹はショックを受けていました。


私は仕事だから、他人だから、認知症の患者様や利用者様と

上手く接することができるのかもしれない。

けど、身内がそうなったら

戸惑うし認めたくないですよね


私もショックは受けました。

まさか、自分の祖母が…

っていう気持ちありました。


徘徊して、交番で保護されたり、

火をつけっぱなしで危なかったこともあった。


自宅での看護や介護も限界がある。

ご家族の負担も大きいですよね。


私の働く施設も、

私の祖母のような方をお預かりしています。


自宅で介護されている方も、

あまり自分に負担をかけずに

デイサービスやショートステイ、老健施設や老人ホーム等

活用していただければと思います。
スポンサーサイト

テーマ:認知症の介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

[ 2010/07/12 21:44 ]

しごと | コメント(0) | トラックバック(0) |
日曜日
本日は日曜日。


私の勤める老健(老人健康保健施設)での

日曜日の朝になると聞こえてくるある利用者様の訴え。


『今日は息子来る?』



私の働いている棟(フロア)は、比較的重度の認知症の利用者様が多い。

帰宅願望強く、離設(無断で施設を出ること)する可能性の高い方が多い為、

全ての場所が施錠してあり、鍵がないとエレベーターにも乗れない

そんなフロア。

自分の子供の顔や名前も認知症にてわからない方が多い中、

息子さんが、日曜日に来るのをとても楽しみにされている利用者さまがいる。



いつも午後から息子さんいらっしゃるため、

午後からみえるとお伝えするも、

誰かの顔を見る度に、泣きながら

『今日は息子来る?』

と…。


今日も、午後から息子さん夫婦がみえた。


いつも、洗濯物をとりにきて、新しい物を補充してすぐに帰られる。


今日も同じ。


居室から、フロアのいつものテーブルまで

手をつないで歩いてきて、

『また来週くるからね』

って、帰っていかれる。


『またきてね』


って、姿が見えなくなっても泣きながらずっと…。



ご家族の方も、いろいろ大変なのはわかります。


けど、大事な親をこういう施設に預けたらそれで終わりでしょうか。


もう少しでいいから、一緒にいる時間をもっていただきたい。




[ 2010/07/11 22:40 ]

しごと | コメント(7) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。